2019年5月25日 (土)

貨物軽自動車運送事業経営変更等届出書 事業用自動車等連絡書 あしたのジョー

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

東京都オリンピック・パラリンピック2020のボクシング競技会場は墨田区の両国国技館です。高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画、あしたのジョー。荒川区南千住泪橋近辺でさまよっているジョーの魂が、必ず両国を訪れると思います。

 

さて、「黒ナンバー車両を増やしたい・減らしたい」場合は、どのような行政手続きが必要になるのでしょうか。「貨物軽自動車運送事業経営変更等届出書」と「事業用自動車等連絡書」の提出が必要です。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

2019年5月24日 (金)

貨物軽自動車運送事業経営届出 黒ナンバー 茨城ゴルフ倶楽部

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。
■当事務所ホームページはこちら

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

昨日は、茨城ゴルフ倶楽部で、からりと晴れた5月を満喫しましたが、今日からは夏日が続くようです。

さて、行政書士業務を顧客の目からみると、大きく分けて二つのカテゴリーに分けられると思っています。

一つは、業務に高度な専門性を求められ、行政書士に依頼せざるを得ないケース、二つ目は、顧客で処理する事は可能であるが、顧客側の事情により、アウトソースするものです。

「貨物軽自動車運送事業経営届出」の代理業務は、後者のカテゴリーであると判断しています。

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

2019年5月22日 (水)

在留資格「特定技能」 福島第一原子力発電所廃炉作業

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

読売新聞に、福島第一原子力発電所廃炉作業に在留資格「特定技能」で入国した外国人労働者を、東電が受け入れる事に関しての記事が掲載されていました。

 

国によっては、一定期間の軍隊経験のある移民に、高等教育の奨学金を与える制度を持つところもあります。

 

そのような諸外国と、根幹の受け入れ体制が異なる日本とを比較することは出来ませんが、外国人との共生への議論の深まりが、さらに進むことを期待します。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

2019年5月21日 (火)

ことほぐ 寿ぐ 言祝ぐ 江東区大島特定行政書士

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

令和を彩る新天皇陛下即位パレードについての情報が、政府から発表されました。ちなみに車両はトヨタセンチュリーが使用されるとのことでした。

 

さて政府発表のコメントの中に「ことほぐ」という動詞がありました。調べてみると「寿ぐ」、「言祝ぐ」と書き、意味は「喜びや祝いの言葉を述べる」とのことでした。

 

平成元年の1月には、「みまかる」という表現に接しました。漢字では「身罷る」と書きます。意味は、死ぬことを表す、自分の身内側で 使う言葉です。「昭和天皇がみまかられました」という表現が使われました。大和言葉です。

 

当時若かった私も、年をとりました。昭和、令和、平成を生きられたことに感謝したいと思います。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

2019年5月19日 (日)

外国人介護人材の受入れ(EPA、技能実習、在留資格「介護」、特定技能)

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

2年ほど前から、朝刊は近くのコンビニエンスストアで購入する事にしています。行政書士業務との関連性を勘案し、各紙の1面を比較してから購入しています。日本経済新聞と読売新聞の購入回数が圧倒的に多いです。政府と行政発信の情報が新鮮で正確だと思います。

 

今日は読売新聞を購入しました。特定技能介護と経済連携協定(EPA)での就労研修経験に関しての記事が第1面トップでした。

 

厚生労働省より当該内容に関しての記述がありました。引用します。

[インドネシア、フィリピン及びベトナムからの外国人看護師・介護福祉士候補者の受入れについて]

日・インドネシア経済連携協定(平成2071日発効)に基づき平成20年度から、日・フィリピン経済連携協定(平成201211日発効)に基づき平成21年度から、日・ベトナム経済連携協定に基づく交換公文(平成24617日発効)に基づき平成26年度から、年度ごとに、外国人看護師・介護福祉士候補者(以下「外国人候補者」という。)の受入れを実施してきており、累計受入れ人数は3国併せて5,600人を超えました。(平成30年8月末時点)

これら3国からの受入れは、看護・介護分野の労働力不足への対応として行うものではなく、相手国からの強い要望に基づき交渉した結果、経済活動の連携の強化の観点から実施するものです。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

2019年5月15日 (水)

南インド料理マハラニ 江東区西大島行政書士事務所

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

いろいろなランチ事情があると思いますが、私はテイクアウトでさっとすませることがけっこう多いです。

 

砂町時代はキッチン島さんのお弁当にお世話になりました。おいしかったです。日替わり弁当のその日の中身が楽しみでした。

 

西大島では、気温が上がり始めるとテイクアウトする機会が多くなるランチがあります。南インド料理マハラニさんのカレーランチです。カレーとライスで500円。キーマカレー、ダルカレーの辛さ3を頼むことが多いです。この店の味は、頼むたびに若干の違いがあります。セントラルキッチン方式のチェーン店とは違い気に入っています。

 

なぜ高温多湿になると南インドカレーが食べたくなるのでしょうか。科学的根拠があると思うのですが。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

2019年5月14日 (火)

価格弾力性 江東区西大島行政書士事務所

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

日本経済新聞に、アメリカ合衆国トランプ大統領が、約22兆円分の中国製品に対する制裁関税を、10%から25に引き上げたという記事が掲載されていました。

 

長期的には米中両国経済、そして世界経済にとってのマイナス要因ですが、短期的にはマイナス面は中国により大きく響くようです。キーワードは「価格弾力性」です。

(次からの表現には、日経の記事を参考にして記述している部分が多いことを、あらかじめお断りします。)

 

需要の価格弾力性のイメージですが、弾力性が大であるとその製品は価格上昇に弱く、弾力性が小であるとその製品は価格上昇に強いと考えられます。

 

中国の製品は代替品が簡単にみつかる低付加価値、価格弾力性1超の製品が7割を超え、「値上がりに弱い」傾向にあるとのことでした。

 

つまり関税10%時代に100円で輸出していた中国の製品は、関税25%になると2割近く値下げせざるをえなくなるわけです。

 

私たち行政書士事務所の経営にも価格弾力性は大きく影響を与えます。価格弾力性1以下の業務にシフトする事が生き残る条件になるでしょう。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

2019年5月12日 (日)

倉本一宏さん 三重県立津高等学校 東京都江東区西大島行政書士事務所

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。
■当事務所ホームページはこちら

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

日本の古代史が好きなので、BS11歴史科学捜査班で特集があるときは、極力見るようにしています。

日本古代史に関する放送時には、 国際日本文化研究センター教授倉本一宏さんというコメンテーターが出演する頻度が高いような気がします。

肩の力を抜いた軽妙な彼の語り口を、面白いと思いました。ただ妙な既視感を覚えました。

ある日突然、彼が何者なのかを思い出しました。額の禿げあがった白髪を黒い長髪に、そしてあごに無精ひげをたくわえ、もみあげを伸ばし放題にしたら。

三重県立津高等学校で同級生だった倉本一宏さんです。

津高校では、全校生徒が書き手として参加する「沖」という学校誌が、毎年発行されていました。

当時の私は、すべてを斜にかまえた高校生でした。みんなで一緒に学校誌に寄稿するなど、最もくだらない行為と感じていました。1年生の時、自身のクラスだけ「沖」の編集参加を多数決で否決させ、「海賊版沖」というクラス誌をつくりました。

その時に学校誌「沖」の編集長をしていたのが倉本一宏さんでした。彼は血相を変えて、「海賊版沖」の編集をしていた私に抗議に来ました。

とても熱い人でした。

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

2019年5月 6日 (月)

明治通り 新大橋通り 西大島交差点 行政書士事務所

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

明治通りと新大橋通りが交差する西大島交差点を一日に何回も横断しています。横断時、いつの間にか10連休中に、道路に自転車レーンが青いラインで書かれているのに気づきました。

 

歩行中、自転車にぶつかりそうになり、ヒヤッとした事は何度もあります。また、城東郵便局、ダイエー大島店間の横断歩道の横断時には、その回数が多くなります。

 

昭和の時代には、三重県警に勤めていた父親から、車やオートバイ、歩行者間で交通事故がおきたら、裁判では大きな方が必ず負けると言われていました。

 

平成の時代からは、事情が少し変わってきたようでした。バス停でバスを降りた歩行者が、3台の自転車と衝突し、損害賠償責任を歩行者側がおった判例もありました。

 

令和の時代には、自転車所有者への損害賠償保険の強制付保制度に加え、道路と歩道に画期的なイノベーションを起こして欲しいのですが。

 

なお余談ですが、西大島交差点と検索したら、検索結果上位には、国道2号線と尼宝線の交差点が表示されていました。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

2019年5月 5日 (日)

江東区旅館業法施行条例 バグ

代表をつとめる行政書士事務所が、東京都江東区大島、西大島駅直近に移転しました。同時にブログも引っ越しました。

■当事務所ホームページはこちら

 

■全省庁統一資格・東京代行センターはこちら

 

■江東・建設産廃申請代行センターはこちら

 

旅館業許可申請ですが、3年くらい前迄は、1年に1回ご縁があるかどうかの準主力業務でした。最近は引き合いが増えてきました。今回は、江東区旅館業法施行条例に関しての私見を述べます。

 

江東区は旅館業法に対して、上乗条例を制定しています。簡単に言えばより厳しい許可基準です。

 

上乗条例自体は、民意の反映された江東区議会で成立したものですから、異をとなえるつもりは毛頭ありません。

 

さて、ここからは法律用語を私なりに意訳して進めます。

 

改正旅館業法ではその政令により、フロント設置における構造基準が大幅に緩和されました。

 

江東区旅館業法施行条例では、原則としてフロントの設置が必要、不要なケース、すなわち例外については江東区旅館業法施行規則に定めるとなっております。

 

ところが、江東区旅館業法施行規則では、不要なケース、つまり例外について、江東区長の裁量、現実には復委任された担当官の裁量行為となっています。

 

本来許可申請というものは、裁量行為となる認可申請とは違い、要件審査と理解しています。不要なケース、つまり例外については、担当官の裁量を排し、明確な許可基準を設定すべきです。

 

いろいろな意見があることは承知していますが、私なりに解釈して、これは江東区の行政手続きにおけるバグだと思います。

 

再度、「旅館業法の一部を改正する法律の概要」の一部を厚生労働省HPから引用します。「違法な民泊サービスの広がり等を踏まえた無許可営業者等に対する規制の強化」とあります。このままでは、江東区は無許可営業者等の増殖地帯になると思います。

 

以上、経営事項審査申請、全省庁統一資格審査申請、競争入札参加資格審査申請、在留資格認定証明書(ビザ)入国管理局申請取次、産業廃棄物収集運搬業許可申請、警備業認定申請、風俗営業許可申請、旅館業許可申請、建設業許可申請等許認可申請全般、届出および公正証書遺言、相続、事業承継を主力業務とする東京都江東区大島の特定行政書士が発信しました。

 

 

«在留期間更新許可申請 海と空の間には何があるのか